シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ノルウェー語学習シリーズ】ノルウェー語の歴史と発音

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 ノルウェー語学習、今回はノルウェー語の歴史と発音について紹介します。

 新たに語学の勉強をすると、新しい発見があって面白いもんですね(覚えないといけないけどね笑)。テキストの初めに歴史についての解説がされていました。

 ノルウェーってもともとデンマークの連合下にされていて、なんと450年間も支配下にあったようです!

 また、解放されてからすぐにスウェーデンの連合化に収められたようです。1905年にようやく独立を果たしたようです。
 ノルウェー語にはブークモルとニーノシュクの2種類あることが分かりました。

 ブークモルは本来、デンマーク語にノルウェー語の要素を汲みこんなもので、ニーノシュクはノルウェー語の方言を参考にした言語であるらしいです。

 言語統一をしようとしたが、両グループから反発があり、現在でも2種類使われているようです。実際に使用者が多いのはブークモルのようです。
 
 発音を見てみたんですけど、英語の発音とは違って覚えることが多い!慣れるまでは大変や…

 ・egはアイと発音する。
 ・ki, kj, ky, tjをヒと発音する。
 ・sj, sk, sk (+ i, y, øy )をシュと発音する。
 ・rsをシュと発音する。
 ・r+d、l、t、nは舌先をそらせて発音する。
 ・ngは鼻に抜ける音
 ・sとTの前で無声化する音が、b→p, d→t, g→k, v→f
 ・g + i, y, eiはイーの発音になる。
 
 とりあえず今日はここまで・・・
 
 発音のルール多いですね。読みながら大学の第二言語で勉強したドイツ語を思い出しました。
 
 当分は発音になれることを意識します!
 


 

 次にノルウェー語で発音しない文字について学びます。

・hv, hj, gjはそれぞれ最初の文字を発音しない。

・ig, ligは形容詞の接尾語の場合gの発音しない。

・gを発音しない単語がある。

・ld, ndはdの発音をしない。

・lvはvの発音をしない。

・長母音+dで終わる後にはdを発音するものとない者の両方がある。

 長母音とdで終わる語については単語学習しながら覚えるのがベターな気がしますね。
 
 んー、ルールが多いこと!笑

 コツコツと学習を進めていきましょう!




 
 そしてアクセントとトネームについてです。

 アクセント

 ・基本的に音節の初めにアクセント。

 ・外来語や外国語の場合、接尾語等につくこともある。

 トネーム(音調)

 ・「ノルウェー人は話す時に歌う」という表現がある。

 ・それくらい、抑揚が豊か。

 ・音の高さが低→高・・・トネーム1

 ・音の高さが高→低・・・トネーム2

 ・トネーム1>トネーム2

 ・-eで終わる語にはトネーム2が多い

 ・方言による違いもあり

 覚えることの多いこと!笑

 でも、私たちが使っている日本語にも多くのルールがありますよね。関西弁と標準語とでは抑揚が結構違いますし。

 母国語を覚えるとき、人間ってどうやって身に付けいているんでしょうか?そう考えると赤ちゃんってすごい・・・!知ってる方がいらっしゃれば是非とも人間の言語習得について語ってみたい。

 


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする