シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェー語の選択的疑問文

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 God morgen!
 今日はノルウェー語の選択的疑問文の作り方について学んでいきましょう。選択的疑問文とは答えが「はい」「いいえ」となる疑問文のことです。答えが限定される疑問文ですね。
 例えば、英語でいえば
 Do you speak both English and Norwagian?
 のような疑問文です。
 それでは、先ほどの文章をノルウェー語に訳すと、
 Snakker du både engelesk og norsk?
 
 となります。
 ここで、snakkeは「話す」という意味の動詞snakkeの現在形、bådeは「両方」という意味の接続詞、ogは「そして」という意味の接続詞になります。
 この文章を見てわかるように、ノルウェー語の選択的疑問文は主語と動詞を入れ替えることでつくることが出来ます。英語と違うのはdo, does, didのような助動詞がないところです。英語よりも簡単に疑問文は作れそうですね。
 また、both A and Bについて扱ったので、「AかBのどちらか」either A or B, 「AもBもどちらもない」neither A nor Bをノルウェー語にすると、
 either A or B
 enten A eller B
 
 neither A nor B
 verken (hvenken) A eller B
 
 というようになります。norはノルウェー語ではorという意味のellerを使っているのも英語とは違っていて面白いですね。
 今日のノルウェー語の勉強はここまで!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする