シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェー語で種類を尋ねるとき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノルウェーで生活するだけでなく、日々の日常の中で相手の趣味や起こった出来事をたずねる場面が非常に多いと思います。たいていの場合、種類を尋ねるときは「どんな~が・・・ですか?」「What kind of ~」というように尋ねると思います。ノルウェー語の場合を考えてみましょう。
 どんな音楽が一番好きですか?
 Hva slags musikk liker du best?
 ここで、Hva slagsは「どんな種類の、どのような~」という意味の疑問詞になります。Hva slagsの後は名詞の未知形をつけることで「どんな名詞(未知形)が~ですか」という意味になります。
 私はクラシックミュージックが一番好きです。
 Jeg liker best klassisk musikk.
 
 というようになります。これで、相手の趣味などをより詳しく知ることが出来ますね。
 あと、先日の補足ですが、形容詞の変化のルールが他にもいくつかあったので紹介します。
 
 中性形で語尾にttがつく形容詞には、ny「新しい」、fri「自由な」等があります。
 et nytt hus「新しい家」、et fritt land「自由な国」
 中性形でもtがつかない単語がある。
 vanskelig「難しい」、hyggelig「不愉快な」
 また、中性形でも複数形でも変化しない形容詞がある。
 moderne「近代的な」、stille「静かな」、bra「良い」
 このように、いろいろな例外もあるので、形容詞に遭遇したら確認するのがいいでしょう。
 
 それでは、今日はこの辺で。



 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする