シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェー語の関係代名詞主格

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はノルウェー語の関係代名詞を学んでいきます。関係代名詞とは、その直前の後(先行詞)の説明をする語のことです。英語ではwho, whom, whoseが用いられています。それでは、例文を通して学んでいきましょう。

私はある男子を知っています。彼はスポーツが得意です。

Jeg kjenner en gutt. Han er flink i sport.

Kjenneは「知っている」という意味の動詞、guttは「男子」を意味する名詞、flink iで「~が得意である」という意味です。

この文章を日本語で一つの文章にすると、

私はスポーツが得意なある男子を知っています。

となります。これをノルウェー語にするには関係代名詞somを使います。

Jeg kjenner en gutt som er flink i sport.

というようになります。

このように関係代名詞の主格に関しては、英語と同様somが主語の役割をするようになります。

関係代名詞を使えるようになることで、詳しい説明をシンプルに表現できるようになるので使いこなせるようになりたいですね。

それでは今日は短いですがここまでにします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする