シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

挑戦していることは多くの人に伝えた方がいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 今日はコンビニと塾のバイトをしていきました。レジ打ちも少しずつ慣れてきてスピーディーに会計を終えることが出来ると快感になりますね。また、人の入れ替えが激しいので時間があっという間に過ぎます。まだ覚える内容が多いですし、他のメンバーに迷惑をかけることも多いですが、毎回学びがあるのでとてもやりがいがあります。塾でのアルバイトでは生徒からの質問に納得がいくように答えたり、相手がいかにすれば自立して学習出来るかを常に意識するため、教えがいがとてもあります。生徒の中には小学生レベルの学力が身についていない中学生の生徒もいるので教え方も一辺倒というわけにはいかないので刺激があります。
 バイトの合間には毎日腕立て伏せを100回するために行ったりしています。上半身が筋肉痛で動くのがつらいです。でも、約束は守りたいので負荷を減らしながらやっています。
 新年度に入って、ブログや筋トレ、ノルウェー語をほぼマイにいなんとか継続してこれています。本当にありがたいことです。
 というのも、実は僕はあまり継続することが得意ではないんです。なんで、今は上記のことを継続しているのかを考えてみると、皆にこれらをチャレンジしていることを伝えているからだと思うようになりました。
 誰かに伝えることで、僕は一種の責任感を感じることが出来ました。それによって、まずはやらないといけないという想いが現れます。そして、継続してしていくことでその分野の面白みを感じることが出来ます。その例がノルウェー語です。まだまだ、少ない量子化勉強できていませんが、皆さんと共に学習することで、英語との共通点を知ることにつながるなどして、おもしろさを自分なりに発見していくことが出来ました。
 ですので、何か新しいことを始めるときはみんなに宣言するといいと思います。それによって、責任感が生まれるだけでなく、皆からの応援や支援を受けることもできます。
 一人の力はたかが知れていますが、昔から三人そろえば文殊の知恵と言われるように人が集まれ場合ではは無数に生まれます。今はネットを通して、不特定多数の人々とゆるくつながることが出来るので、アイデアを生んだり、応援を受けるには本当にありがたい時代だと思います。
 何かにチャレンジしたい方はぜひブログなどをしてみるのもいいかもしれません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする