シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェー語の動詞の活用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今日は『ノルウェー語四週間』の『第13日 動詞の三基本形』を通して勉強していきましょう。
 英語と同様に、ノルウェー語の動詞にも不定形、過去形、過去分詞の3つがあります。しかし、それらの作り方には英語とは違い、細かなルールが存在するようです。しっかりと、違いを意識して学んでいきましょう。
 1.動詞の三基本形
 三基本形の作り方には弱変化動詞強変化動詞の2つに食べつすることが出来ます。
 弱変化動詞はtまたはdを付加して過去形や過去分詞を作ります。
 elske 愛する elsket elsket
 lese 読む leste lest
 bo 住む bodde bodd
 一方、強変化動詞は語幹の母音を変えるアプラウトをして、過去形と過去分詞を作ります。
 gi 与える ga gitt
 synge 歌う sang sunget
være である var vært


 2.弱変化

 弱変化には次の5つのグループが存在する。
 (1)語幹が2個移送の子音に終わるもので語幹が1個のdまたはgで終わるものである。
 kaste 投げる kastet kastet
 snakker 話す snaket snakket
 lage 作る laget laget
 (2)語幹がl,n,s,rで終わるもの、または、ereで終わる外来語の動詞。
 føle 感じる følte følt
 lære 学ぶ lærte lært
 spise 食べる spiste spist 
 studere 研究する studert studert
 また、語幹がll,mm,nnで過去形と過去分詞の子音1個がなくなる。
 glemme 忘れる glemte glemt
 kjenne 知る kjente kjent
 spille 演奏する spilte spilt
 (3)過去形と過去分詞で語幹の母音が変化する。
 bringe 持ってくる bringer brakte brakt
 følge 従う fulgte fulgt 
 gjøre する gjørde gjort
 legge 置く la lagt
 rekke 手渡す rakte rakt
 sette 置く satte satt


 (4)語幹がVまたは二重母音ei,øyで終わるもの。
 behøve 必要である behøvde behøvd
 eie 所有する eide eid
 pleie ~する習わしである pleide pleid
 prøve 試みる prøvde prøvd
 øve 練習する øvde øvd
 (5)不定形がアクセントのある母音で終わるもの。
 bo 住む bodde bodd
 gro 成長する gror grodde grodd
 ha 持つ hadde hatt
 skje 起きる skjedde sjedd
 tro 信じる tror trodde trodd
 3.強変化
 強変化のアプラウトは7種類存在する。
 (1)i,e,e/i 
  skrive 書く skrev skrevet
  bite かむ bet bitt
  bli ~になる ble blitt
 (2)y,ø,ø/u
  bryte 破る brøt brutt
  skyte 射る skøt skutt
 (3)i/e,a,u
  drikke 飲む drakk drukket 
  finne 見出す fant funnet
  hjelpe 助ける hjalp hjulpet
 (4)æ/e,a,å
  bære 運ぶ bar båret
  skjære 着る skar skåret
  stjele 盗む stjal stjålet
 (5)e/i,a/å,i/e
 gi 与える ga gitt
 ligge 横たわる lå ligget
 se 見る så sett
 (6)a/å,o,a/å
 ta 取る tok tatt
 slå 打つ slo slått
 (7)その他
 komme 来る kom kommer
 hold 持つ holdt holdt
 løpe 走る løp løpt
 sove 眠る sov sovet
 få 得る fikk fått
 gå 行く gitt gått
 
 凄まじく、ルールが細かい!
 いっぺんにおぼえることは無図V菓子いのでその都度覚えるようにしていきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする