シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外在住ブロガー必見!ワードプレスで403エラーが出た時の対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 2017年10月23日から2017年10月26日までの間、ブログ投稿できずに申し訳ございませんでした。

 実はその間、僕のブログに異変がありました。

 ブログの更新ページを開くと、「403エラー」という表示が出てきました。

 そして、サイトアクセスが禁止されてる、サイト管理者は権限設定を確認してくださいという旨が書かれていました。

 僕はこの間、ブログを復旧しようと色々な手法を試みましたが、従来の方法ではうまくいきませんでした。

 そこで、今回直接ロリポップに問い合わせしてみたところ、意外な原因が見つかりました。そしてその原因を直すことで見事にブログの編集ページに再び戻ることが出来ました。

 今回は、403エラーが発生した時の対処法について解説したいと思います。


 1.海外アタックガード

 2017年10月23日にロリポップのサーバーで「海外アタックガード」という新しいセキュリティー機能が発動し始めました。

 これは、自分のブログ管理画面を国内からのみ編集を可能にし、海外からの編集を防ぐというサービスです。

 近頃、海外からの不正アクセスが急増しているからでしょう。

 ライトプランなどの契約をしている方のサーバーで自動的にこの新しいセキュリティーが発動するようになりました。

 僕のように、海外からブログを使用しているユーザーはこのセキュリティーが発生してブログの管理画面に入れなくなっていました。そのためこの機能を無効にして5分後には普通にブログサイトに入れるようになりました。

 (方法)
 
 ロリポップユーザー専用ページにログイン → セキュリティ → 海外アタックガード → 無効にする

 素晴らしい機能だとは思いますが、ロリポップ側も予めわかりやすくお知らせしてもらえたらと思いました。

 2..htaccessの編集

 これも一般的に良く使われている方法ですので、1で難しい場合はコチラを参考にしてもらえたらと思います。

 .htaccessの画面で、ブログ管理画面に入ることが出来る人を制限しています。通常は自分のipアドレスだけが含まれています。

 方法 

 ロリポップユーザー専用ページ → サーバーの管理・設定 → ロリポップ!FTP → .htaccess

 .htaccessまで入りましたら、現在の属性が644になっているか確認しましょう。

 そして、html編集の中でipアドレスが自分のものかどうか確認してみましょう。

 不正アクセスされている場合はipアドレスが自分のものとは違うものになっていることがあるのでよく確認しましょう。

 詳しくはロリポップ公式ページにも記載されていますので確認お願いします。

 WordPressにログインしようとすると403エラーが表示されます。

 僕が問い合わせてから海外アタックガードの説明が追加されました。笑 早めにこういうことは書いてもらわないと困りますよね。汗

 3.WAF設定

 WAF設定はセキュリティの一種で、他者からの不正アクセスを防ぐ強力なシステムです。

 そして、余りにもセキュリティ機能が強すぎて、管理者もブロックされることがあるとのことです。笑

 この場合、セキュリティを無効にしてみると管理画面に再び入ることが出来ます。

 (方法)

 ロリポップユーザー専用ページ → セキュリティ → WAF設定 → 設定変更を無効にする

 5~10分ほどで反映されます。

 いかがでしたでしょうか?

 海外アタックガードは新しく出てきた機能なので2.3.のような従来の方法が通用しない場合は必ずチェックしましょう。特に海外在住ブロガーの方は必見です!

 僕の場合、このおかげで3日間ブログを使用することが出来なかったのでかなり悔しかったです。

 僕のようにならないためにもどうか皆さん、上記の方法を試してみてください。
 
 もちろん、このほかにも原因はたくさんありますので、その場合はロリポップに問い合わせるのが一番いいと思います。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする