シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェーと日本の祝日の共通点と相違点について調べてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もう過ぎてしまいましたが、11月23日は日本では勤労感謝の日です。弟が写真をラインに上げている様子を見て気付きました。

 そこでふと思ったのですが、日本とノルウェーとでは祝日にどのような違いがあるのか気になりましたので調べることにしました。

 特に勤労感謝の日とノルウェーのメーデーとの共通点や違いに注目してみたいと思います。

1.日本とノルウェーの祝日(2017年)

1月01日 元日
1月02日 振替休日
1月09日 成人の日
2月11日 建国記念の日
3月20日 春分の日
4月29日 昭和の日
5月03日 憲法記念日
5月04日 みどりの日
5月05日 こどもの日
7月17日 海の日
8月11日 山の日
9月18日 敬老の日
9月23日 秋分の日
10月09日 体育の日
11月03日 文化の日
11月23日 勤労感謝の日
12月23日 天皇誕生日



ノルウェー
2017年
1月01日 Nyttårsdag 新年
4月09日 Palmesøndag しゅろの主日
4月13日 Skjærtorsdag 洗足木曜日
4月14日 Langfredag 聖金曜日
4月16日 1. påskedag イースター
4月17日 2. påskedag イースターマンデー
5月01日 Arbeidernes internasjonale dag メーデー
5月17日 Grunnlovsdagen憲法記念日
5月25日 Kristi himmelfartsdag 昇天祭
6月04日 1. pinsedag 聖霊降臨祭
6月05日 2. pinsedag ウイットマンデー
12月25日 1. juledag クリスマス
12月26日 2. juledag ボクシングデー

 2.共通点

 上記に示した祝日を見てみると、両国に共通してある祝日は新年、憲法記念日、メーデー(勤労感謝の日)であることが分かります。
 
 新年に関してはアメリカや韓国でもお祝いをしますね。(韓国は陰暦の旧正月も祝う。)新年はめでたいものと言うのは多くの国で共通して言えることなのかもしれません。

 憲法記念日も両国でお祝いされていますね。国の根幹となる憲法を定めた日と言うのは両国ともに尊く考えていることが分かります。

 また、表現の仕方と時期は異なれど、労働に関係するメーデーや勤労感謝の日も共通していると考えられます。

 さらに、日本では4月末から5月上旬にかけてゴールデンウィークがあります。似たように、ノルウェーでも4月上旬から中旬にかけてほぼ連続した休暇があることが分かります。

 そして、国の祝日になってはいませんが、ノルウェーでも王家のの誕生日をお祝いするために国旗を掲げます。

 例えば、1月21日はイングリアレクサンドラ女王、2月21日はハラルド5世、7月4日はソーニャ女王などの誕生日があります。これらの日は祝日に加えて国旗を掲揚する日になります。

 

 3.相違点
 
 まず、祝日の総数で見ると、日本が17日に対してノルウェーは13日となっています。

 日本の方が祝日が多いんですね。ノルウェーは休暇が多い印象があったのでこれは意外でした。

 そして次に、日本は6月以外各月に祝日がありますが、ノルウェーは休日が固まってることが分かります。

 ノルウェーでは4月のイースター連休、6月のウィットマンデーの連休、12月のクリスマス休暇に祝日が固まっています。

 そのためノルウェーには2,3,7,8,9,10,11月には祝日がありません。

 さらに、ノルウェーはもともとキリスト教が国教であったために、祝日もキリスト教色が強いことが分かります。キリスト教のイベントがそのまま祝日に反映されています。

 一方で日本は四季を楽しむことが出来るような祝日の作られ方がされていることが分かります。春分の日、海の日、山の日、秋分の日はまさに季節を感じさせるような祝日ですね。

 4.日本の勤労感謝の日とノルウェーのメーデー

 日本では11月23日が勤労感謝の日として定められています。一方でノルウェーでは5月1日をメーデーとしています。

 多くの国では5月1日が国際的な労働者のための日(メーデー)として定めています。

 なぜ日本は国際的なメーデーに勤労感謝の日を合わせなかったのでしょうか?

 それは日本の農業に理由があります。日本は古来11月の2回目の卯の日に新嘗祭を行っていました。これは五穀豊穣を祈願し、収穫に感謝するために飛鳥時代の皇極天皇の時代より始まっています。

 GHQ占領時に天皇行事、国事行為から切り離すために新嘗祭に代わって勤労感謝の日が制定されました。

 しかし、国際的には5月1日がメーデーであるために、勤労感謝の日を移そうという流れがあったようですが、実現していません。

 

 以上のように見てみますと、国によって祝日の特徴がずいぶんと違うことが分かります。

 しかし、国や国民、文化を大切にする気持ちが祝日に現れているという点は共通していると思います。

 留学している間は日本とノルウェーの休日を満喫したいと思います。笑 ←



 
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする