シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェー留学の節約について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 わたくし、貧乏留学生のほっほです。笑

 そんな僕が物価の高いノルウェーに来て4か月が経とうとしています。ちなみに過去の出費状況は以下のリンクより確認できます。

 ノルウェー留学1か月目の出費を大公開!

ノルウェー留学2か月目の出費を大公開!

ノルウェー留学3か月目の出費を大公開!

ノルウェー留学4か月目の出費を大公開!

 その中で見つけ出した節約方法についてまとめて紹介したいと思います。



 1.学生寮とシェアハウス

 居住費は出費の大半を占めると思います。そのため、居住費のような固定費を安く抑えられるかが節約のカギになってきます。

 そこでオススメなのが学生寮になります。

 学生寮には様々なオプションがあります。安いところもあれば高いところもあります。

 高いところになると、それ相応に立地が良かったり、サービスが良かったりします。例えば、家具が充実している、学校に近いなどあります。

 一方で安い物件は室は劣るけれども十分生活を保障してもらえます。

 僕は一番安い学生寮を見つけて契約しました。値段は電気代込で2140nok(約3万円)になります。6畳ほどの空間に机とベットがついていて、シャワールームとキッチン、トイレ、洗濯機は共用になります。計6人で生活しています。

 基本的にノルウェーでは水道代はかかりませんが、電気代は別途かかる場合があります。これは契約条件を確認しましょう。

 僕は田舎の学校に通っているせいもあってか学生寮もかなり安い値段で生活しています。

 しかし、オスロなどの都会では家賃がもっと高いことが多いようです。

 そこでオススメなのがシェアハウスです。

 シェアハウスの場合、複数人で同じ家や部屋を共有することで居住費を安くする方法です。

 僕の友達はこの方法で大きい家を6人くらいで借りて、家賃を割って生活しています。それで月に3000nok(約4万5千円)で生活しています。

 個々人のプライベートの問題や要求する生活水準などによって居住費は変わるのではないかと思います。

 
 2.食費

 次にかかると考えられるのが食費になります。

 こちらも要求する生活水準によってかなり差が生じそうです。

 僕は食費を先月は約500円で賄いました!笑

 日本ではふつう考えられないですよね。笑

 その秘訣はダンプスターダイビングです。

 ダンプスターダイビングとは、スーパー等のお店のダンプスター(金属やプラスチック製の大きなゴミ箱)に捨てられた廃棄商品を手に入れることです。

 廃棄食品の中には賞味期限が切れていないにもかかわらず捨てられる食品も多いので、そのような商品を中心に回収して消費します。

 捨てられている商品は様々で、野菜、乳製品、魚介類、肉類、お菓子、パンなど様々です。

 そのため、ダンプスターダイビングをしてから、スーパーで必要な食材を買い物して補っていくとかなり節約することが出来ます。

 ダンプスターダイビングをほとんどしていなかった8月は食費を1万円で抑えようと頑張ってみましたが、2㎏痩せました。

 正直、物価の高いノルウェーでは十分な食事を買い物だけで賄うとかなりお金がかかってしまします。

 そのため、このような方法も考えてみるといいでしょう。

 他には、スーパーの特売をお知らせしてくれるアプリで『mattilbud』があります。これで主要なスーパーの特売商品が分かるのでオススメです。

 3.通信費

 今の時代、wifiが使えないとなるとかなり不便に感じますよね。

 これも学生寮の場合、大学のwifiサービスのeduroamを利用することが出来ます。

 一般の賃貸ですと、別途料金がかかったり、自分でルーターなどを契約する必要も出ると思いますので学生寮や大学でwifiを利用するのをオススメします。

 また、電話番号が必要になると思います。

 そこで格安simカードを使うといいと思います。

 simカードは自分が使った分の料金だけ払えばいいので、あまり電話を使わない人にとってはかなりお得です。

 モバイルデータ通信付きや様々なオプションがありますので、自分の生活水準に合わせて購入するといいでしょう。

 僕はモバイルデータ通信なしで通話のみのsimカード(Mycall)を買いました。それで約750円ほどで2カ月もっています。笑ほとんど使わないので全然料金が余っています。



 4.教材費

 ノルウェーでは本もかなり高いです。

 僕が受けていた授業の指定教材が2万円もするものもありました。汗

 ノルウェー語専攻の友達は薄い教材でも7500円すると言って嘆いていました。

 教材費は高くなりそうですが、これは学生として惜しまずに投資してもいいと思います。

 これを安く仕上げる方法は図書館を利用することです。
 
 たいていの教材は必ず何冊か図書館にあります。しかしすぐに借りられる場合がありますので自分の受ける授業が決まったらすぐに使用教材の確認をとって借りてコピーなどしましょう。

 僕もこの方法で今学期は教材を購入していません。笑 

 他に中古でもいいから教材が欲しい場合はオンラインのフリーマーケットを利用するといいでしょう。

 僕の大学ではFacebookでオンラインのフリーマーケットを常時開催しています。そこには教科書だけでなく、服、家具、家電など様々なものが売られています。
 
 中には無料で提供されているものもあります。

 このようなサービスがあるかどうかも確認するとかなり出費を抑えることが出来ます。

 5.交際費

 一番変動が大きいのが交際費ではないかと思います。

 こちらはなるべくホームパーティーや無料または格安で行っているサービスを利用するkとに限ると思います。

 ホームパーティーを売ると、外食するよりかははるかに安くコストを抑えることが出来ます。

 むしろ、僕の周りではホームパーティーが主流ですね。外食はほとんどありません。

 また、ビールもスーパーで安く買うことが出来るので、こちらの方があの市区安く楽しめるのではないかと思います。

 
 
 主には以上が留学生の出費原因になるともいます。

 ちろん、留学先によってもかなり事情が変わると思いますので、色々な人と話してみて賢く節約していければいいと思います。

 
 


 

 

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする