シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェーでフルタイム労働を1カ月した感想と生活の状況

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みが始まってもうそろそろ2カ月が経とうとしています。

夏休みが始まると同時に私はソグネフィヨルド付近のホテルでフルタイムのアルバイトをさせてもらうことになりました。

今年の1月にブログのインスタを通してであった日本人の方から紹介を受けまして働くことになりました。

アルバイトを探すことも難しいと言われているノルウェーであっさりと紹介を受けて働けるようになったのは本当にラッキーでした。

そこで今回はノルウェーで働くことについて考えてみたことを記事にしたいと思います。

また、働いてからの生活スタイルや収支についても紹介したいと思います。

1.仕事の見つけ方

ノルウェーで仕事を探す時はコネを使いましょう。

私の場合はブログ用インスタグラムを通して仕事の紹介を頂きました。

ノルウェーでは身元のはっきりした、内情を理解している知り合いや友人の紹介などが強力な職探しの武器になります。

一般的にノルウェーでは外国人が仕事を見つけるのは大変だと言われています。

それはコネがないのも一つの原因に挙げられています。

もちろんコネがなくても仕事を見つける方法はあります。

それはfinn.noのような仕事を紹介するサービスを利用すればよいです。

中にはノルウェー語が話せなくても雇ってもらえる求人もあります。

僕の大学近辺ではリンゴ狩りのシーズンになると留学生たちががリンゴ狩りのアルバイトをしに行っていました。

彼らの中にはノルウェー語が全く話せない人もざらにいました。

次にノルウェー語を話せるようになりましょう。

ノルウェーはノルウェー語と言う現地語があります。そのため、至極当然のことかもしれませんが、ノルウェー人は自国の言語を使ってほしいと感じています。

ほとんどのノルウェー人は英語を流暢に使いこなすことが出来ます。しかしお年寄りの中には英語が話せない方もいます。

私はまだ簡単なノルウェー語しか話せませんが、職場が日韓や世界中からのお客様を迎えるため、ノルウェー語が話せなくても大丈夫だと言われました。

しかし、一般的には言語が話せるようになる必要があります。

何はともあれ、コネを作る努力はした方がいいと思います。

ボランティアや学校の学生団体、ブログ活動、パーティーなど何でもいいので社交的な活動をすることによって仕事が手に入る確率は高くなります。

なにより、それによってノルウェーの人たちと仲良くなり文化や言語を学べることがより大きな財産になるでしょう。

2.実際に仕事をしてみて

私が働いているホテルのオーナーはノルウェー人です。

日本では上司を呼ぶときは役職や敬称を付けますが、こちらではそれらを使わずにそのまま名前で呼び合います。

学校でもそうですが、先生のことを先生とは呼ばないです。

さすがは平等主義のいきわたっている国と言うように感じました。

それほどフラットな関係で働くことが出来るので、日本と比べると素直に意見をしやすいと思います。

次に感じたことは観光業ではシーズナルワーカーが非常に多いと感じています。

私が住んでいる地域のホテルはほとんどの従業員が外国人です。

特に多いのがポーランド人。

彼らと働きながら話を聴いていると、彼らの国で働くよりノルウェーで働いた方が3倍は儲けられるとのことです。

おまけにEUなので移動も不便でないため働きやすいとのことです。

しかも観光業はノルウェーであっても激務であるため、ノルウェー人は率先してやりたがらないとのことです。

私は当初「リゾバウェーイ!www」とか言ってたのですが、ノルウェーの観光業も日本と変わらず長時間労働でなかなか大変な仕事だと感じました。

6月は4日から働き始めて総労働時間は約185時間でした。

今月は優に200時間を超えると感じています。笑

ある意味ノルウェーのブラックな一面を観れたのでそれはそれで面白いですね。

でもしっかりと残業代はもらえていますのでOKです!笑

そのため、外国人労働者が夏の期間たくさん観光地で働くようです。

私の勤め先は日韓中のお客さんが多いため、日本語韓国語が使える私を重宝してくれました。

どこで自分のスキルが生かされるかわからないものですね。笑

働いているメンバーは日本人、ノルウェー人、ポーランド人、セルビア人、アルゼンチン人、リトアニア人、クロアチア人と国際色豊かなメンバーになっています。

いろんな国の事情を知ることが出来るので刺激的でとても楽しいですね。

3.マネーの話。笑

6月は先ほど話したように約185時間働きました。

給料は時給157nok(約2150円)で土日祝日は10%賃金アップという感じです。

6月度は29500nok(約40万円)稼いだことになります。※1nok=13.6円で計算

更にお客さんからのチップも含めると月42万円ほど稼いだことになります。

バイトで月42万って結構スゴくないですか?

日本と比べると時給が良いので効率よくお金を稼ぐことが出来ますね。

さらにホテルのスタッフ専用の部屋を使わせてもらっていて光熱費通信費込みで月7000円で生活しています。

そのためかなり貯金が出来ていい感じです。笑

しかし、ノルウェーでは年間55000nok以上稼ぐと35%の税金を払わないといけないのです。。。

私は今月働くと、稼ぎが55000nokを超えるため税金を支払わないといけません。

それでも素晴らしい環境で勉強や仕事が出来ているため感謝して納税したいと感じています。

微力ながらでもノルウェー社会の為に貢献していきたいと思う所存でございます。

出費ですが、稼ぎがいいので先月はトロールトゥンガに行くなど旅行することが出来ました。

先月の出費は以下の通りです。

食費 1345nok(約18300円)

交通費 1045nok(約14200円)

衣服 818nok(約11100円)

居住費 2620nok(約35600円)※学生寮2090nok+ホテルスタッフ寮530nok

計 5828nok(約79000円)

しっかりと貯金が出来る生活が出来てとてもうれしいですね。笑

今月は先月と比べて初期費用が掛からないためもっと節約できるのではないかと期待しています!

いかがでしたでしょうか?

僕個人としては今の仕事にやりがいを感じることが出来とても充実した生活を過ごすことが出来ています。

これで修士2年生時も余裕をもって勉強し留学生活を楽しめそうです。

また、少しでもノルウェー社会に貢献が出来たらいいなと考えております。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする