シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェー大学院合格後から入学までにすべきことをまとめてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
 こんにちは、ほっほです。

 前回の記事(http://hohho0720.com/post-225)では、ノルウェー留学の為に準備すべきことをまとめました。今回は、合格後の流れをまとめていきたいと思います。

 実は合格後も面倒な手続きが多いんです。なるべくノルウェー留学に行かれる方には苦労をしてもらいたくないと思っています。そこで、今回の記事を寄稿することにしました。

 1.UDIへ留学ビザの申請をする。
 ノルウェー入国管理局UDI(https://www.udi.no/en/)で留学ビザの申請の手続きを行います。留学先の情報や個人情報をかなり書き込まなければならず、面倒です。さらに、ビザ申請費として3200NOKを支払わなければなりません。さらに、東京のノルウェー大使館に指定された準備物を持っていき面接を受けなければなりません。必ず面接日時の予約を入れておきましょう。他の準備にも時間がかかるため余裕をもって予約することをオススメします。

 2.生活費の送金
 まずはじめに、生活費として97850NOK(約130万円)以上を指定された銀行口座に送金しなければなりません。送金金額は学校によっても異なりますのでよく確認しておきましょう。そうすることによって、留学当事者が現地で家や学校寮を借りることが出来ます。さらに、留学ビザを申請するための条件としても上記以上の生活費を持っていることを証明しなければなりません。
 まずは、学校が指定した銀行口座に送金し、確認書が送られます。それをノルウェー大使館で留学ビザ申請の時に提出しなければならないです。早めに送金の手続きを済ませておきましょう。




 3.住まいを探す
 次に現地での住まいを探しましょう。留学ビザ申請の要件として留学先の住所が必要になってきます。学校の寮に住めるように申請することをオススメします。初めてノルウェーに行く中で、自分で家を探すのは大変だからです。また、比較的学校の寮は家賃が良心的な価格になっているので尚更お勧めです。住まいの申請を終えた後、学校から誓約書が届きますので所定の手続きを済ませます。その後、生活費の送金の確認が終わると、住まいを確保してもらえます。

 4.ノルウェー大使館で面接を受ける
 1~3の手続きを終えたら、ようやくノルウェー大使館で面接を受けることが出来ます。ノルウェー大使館は東京にのみありますので、地方の方は東京に行く準備も忘れずに。私も夜行バスで往復しました。泣
 面接に必要なモノは以下の通りです。

 パスポートと使用されたページ全てのコピー
 Application Portal(UDIのビザ申請用ページ)の所定の履歴書
 パスポート用証明写真2枚
 入学証明書
 生活費を送金した証明書
 ノルウェーでの住所
 UDI所定のチェックリスト
 
 その他、各自の条件によって追加の準備物が必要な場合があります。基本的に以上のものが揃っていなければなりません。
 これを提出すると、ノルウェー人の外交官と面接があります。私は英語で面接を受けました。基本的に準備物の確認をしてもらうことになります。また、何か不安なことがあれば、親切に相談にも乗ってもらえますのでこの機会にいろいろと質問をするといいかもれません。審査結果は後日電子メールで伝えられます。


 5.飛行機の予約
 飛行機の予約をしましょう。まずは、学校のオリエンテーションスケジュールと入寮期間を確認したうえでチケットを撮りましょう。
 ノルウェーまで日本からは直行便がないので何回か乗り換えなければなりません。乗り換えの回数が多いと値段も安くなる傾向にあります。出来れば6~8週間前に予約を入れると格安のチケットを手に入れることが出来ます。また、チケット購入は水曜日にすると安くなるようです。安ければ7,8万円ほどで購入することが出来ます。ゆっくりといろんな国をめぐれると考えて格安チケットを手に入れるといいかと思います。


 6.現地到着後
 現地に到着しましたら、7日以内に大学付近の警察署に行き、パスポートとUDIから送られた確認書を提出して滞在許可証をもらいましょう。

 以上が大まかな流れになります。このほかには各学校ごとに必要な書類や手続きがあるため、よく学校と連絡を取り合って手続きを円滑に進めましょう。



 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする