シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3日間断食をしてきて強く実感できたこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 こんにちは、ほっほです。

 昨日は投稿できず、すみません。実は力尽きていました。笑

 というのも、6月24日(土)~6月26日(月)まで3日間断食をしていました。

 今回は、断食に興味を持っている方々に少しでも参考になるような記事を書くことが出来ればと思います。

 1.断食した目的
当初の理由は自分の限界に挑戦して食生活を見直したいという理由でした。もともと、断食は2回したことがあります。過去に行ったのは1日、40時間の断食でした。その次として3日間の断食にチャレンジしようと思いました。過去に断食を通して、自分の食生活について見直すことが出来ました。また、食物のありがたさを身に染みて感じることが出来、今後の食生活を点検することにもつながることが出来ると思ったからです。



 2.断食の方法
 僕が行った断食は水以外摂取しない断食でした。たぶん一番シンプルな方法ではないでしょうか?期間は6月24日0時~6月27日0時の3日間でした。
 調べてみると、ダイエット目的で野菜ジュースや酵素ドリンクといったものを摂取する断食もあるみたいです。以外に筋トレの為に断食をするという情報も調べてみるとありました。断食する目的は様々あるようです。皆さんも、自分の目的に沿って断食の方法を調べてみてはいかがでしょうか?
 

 3.断食した感想
 本当は体重の変化など、数値で結果を示すことが出来ればよかったのですが、始める前後に体重を計り忘れたため載せていません。あくまで個人の体験談として見てもらえたら嬉しいです。
 
 1日目
 過去に40時間まで断食をしたことがあったため、お腹がすいても冷静でした。
 「まあ、こんなもんやな。」
 と、ちょっと余裕を持ちながら一日を過ごしていました。しかし、アルバイトを午後にしていた時はいつもよりも力が入らなかったです。一日だけ断食するだけでも、人間がいかに食物に依存しているのかがよく分かります。
 
 2日目
 朝起きると体が軽くなったように感じました。起き上がってしばらくすると、腕が少ししびれるような感覚がありました。
 2,3日目はアルバイトがなかったので、時間をたくさん持つことが出来ました。しかし、何もないのはとても退屈なうえに、しんどいです。
 というのも、退屈になると、空腹時はどうしても食べ物のことしか考えられなくなります。そのため、地元の図書館で12冊の本を借りて読書をしました。また、snsで近況報告するなどして一日を過ごすなどして、暇を紛らわせるように過ごしました。
 このころからお腹周りが細くなった感じがしました。僕は痩せ型なのですが、より痩せました。内臓に蓄えられたものまで昇華されたような感じでした。また、顔がいつも以上に脂っぽかったです。
 
 3日目
 朝起きると若干ふらつきましたが、あまり2日目と変わりありませんでした。
 ところが正午になってからが大変でした。
 「あと十二時間で終わる。。。」
 なんてことを考え始めました。2日目までは時間や食べ物のことを意識せずに過ごすことが出来ました。しかし、残り十二時間だということを意識してしまい、断食明けの食事のことばかり考えてしまうようになりました。←また、食事のことが気になりすぎてYouTubeで飯テロ動画ばっかり観ていました。笑 もう悪循環の極みでした。
 悪循環の極みから脱出すべく、無理やり外出しました。近所の公園を自転車で回った後に3キロ離れたショッピングモールまで行きました。いつもなら何億もなく行ける距離なのに、3日目は足に力が入らずに全く前に進みませんでした。到着して見学をして帰ろうと思いましたが、思ったよりも体力を消耗していしまいすぐに帰りました。その後、帰って2時間ほど寝て読書して過ごしました。



 断食終了後
 おかゆがこの世のものとは思えないほど美味しかったです。普段食べているお米と同じはずなのに、甘みがとても強く感じました。3日ぶりにごはんを口にして笑いが止まらなかったです。僕がどれほど食物に依存してきたのかを痛感しました。ご飯がなくても3日間生きていくことは出来ますが、パフォーマンスが圧倒的に落ちます。食物に改めて感謝しました。
 また、ご飯を通してどれくらい他者から支えられてきたのかを実感できました。今まで食事を作ってくれた母に対して、また食物を作っている農家の方々に感謝の想いを強く感じました。普段どれくらい心を込めて「いただきます」「ごちそうさまでした」を言っているのか反省させられました。
 同時に、ご飯以外のエネルギー源を見つけることが出来ました。それは、他の為に貢献することでした。
 何かの為に時間を割いているときは、ご飯のことを考えずに過ごすことが出来ます。しかも、誰かのために働きかけることで感謝されることで力がわくのを感じることが出来ました。お腹がすいた時こそ、何かの為に一生懸命になるといいと思いました。

 断食を通して、たくさんのことを得ることが出来ました。
 断食の目的は人それぞれですが、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。
 ほかに質問、意見当ございましたらコメントお願いします。



 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする