シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安で売買・譲渡が可能!便利なサービス「ジモティー」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 こんにちは、ほっほです。

 皆さんは「ジモティー」を知っていますか?

 僕も1年くらい前に知り合いから教えてもらいました。その知り合いも娘さんからテレビで知ったジモティーというサービスを教えてもらったようです。僕はテレビをあまり見ないのでわからなかったのですが、テレビにも出て、奨学生も知っているようなサービスということでだいぶ知名度はあるみたいです。
 教えてもらったいきさつですが、1年前に引っ越しをする際に粗大ごみを減らすのと新しい家具を安く手に入れたいということを相談した事でした。その時、知り合いがジモティーのことを教えてくれ、実際に使ってみました。使ってみたレビューをまとめていきたいと思います。

 
 1.そもそもジモティーとは?
 本来、ジモティーは無料広告の掲示板のサイトです。そのため、中古品の売買譲渡に限らず、お仕事・習い事の求人募集などもしています。他にも無料でwebサイトを作ってくれる業者さんがあるなど幅広い宣伝がされているサイトになっています。
 ジモティーは名前の通り、地元をコンセプトにされています。地元の人の中で必要な物事があればそれを通してつながることが出来るサイトになっています。そのため、サイトにログインすると、都道府県別で検索をかけることが出来るようになっています。

 2.ジモティーの使い方
 ~売りたいとき~
 a. ホームページ(http://jmty.jp)に入り、会員登録をします。この時、ニックネーム、メールアドレス、パスワードを登録します。
 b. 投稿フォームに自分の出品したいものの情報を入力します。
 c. 問い合わせが来たら、問い合わせた人とメールでやり取りをします。受け渡し場所の住所、支払方法などをよく話し合います。
 d. 問い合わせた人と会って交渉成立。

 ~買いたいとき~
 a. ホームページの検索欄で自分の欲しいものを調べる。この時、都道府県別にすると便利です。
 b. 出品者に連絡します。
 c. 支払方法や住所など詳細を確認します。
 d. 出品者を訪問して取引成立です。




 

 
 3.ジモティーのメリット
 まず、格安でほしいものが手に入ることです。場合によってはタダで手に入れることも可能です。1年前に僕が引っ越しをするときにどうしてもタンスを新しく手に入れたいと考えていました。そこでジモティーに入ってみると、同じ市内の中でタンスを2000円で売っている人がいました。私はすぐさま、打っている人に連絡をしました。すると、その人の家まで訪問し、実際にタンスの持ち主にお金を払ってタンスを手に入れることが出来ました。
 
 次に、粗大ごみを処分する際の料金がかからないことです。先ほどの例を引き合いに出せば、持ち主はいらなくなったものを売ることで、お金を手にしています。粗大ごみ料金がかからないだけでなく、商売だってできちゃうんです!僕は1年前の引っ越しで2段ベッドを処分するのに困っていました。粗大ごみ出すのに何でお金払わないといけないんや!と思っていました。しかし、ジモティーで無料で出品したところ、すぐに引き取ってくれる人が現れてお金がかからずに済みました。この時は早く処分したいという想いから無料で出品していましたが、売ってみてもよかったなと今では思います。



 4.デメリット
 まず、見知らぬ他人と交渉することです。出品者の情報をよく確認することをオススメします。例えば、出品歴が長いなどある程度実績がある人を選ぶのもよいでしょう。また、連絡先の公開の手順などをよく確認し合って交渉はしましょう。
 
 次に、物をもらいにいかないといけません。ほとんどの場合、郵便配達はしていません。したがって、出品者とよく連絡して自分で出品者の指定してきた場所で売買・譲渡しましょう。

 以上のように、メリットデメリットございます。よく考えて利用するようにしましょう。
 僕個人的には、買い物を安く済ませたい、物の処分を安くしたいというかたには特におすすめだと思います。フリーマーケットのように時期が限られているわけでもなく、好きなタイミングで売買・譲渡できるのはとても便利です。

 僕もこれからジモティーを使ってノルウェーに行くために防寒着を探してみたいと思います。



 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする