シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛を自分で切ってみたのだが、これだけはアドバイスしたいwww

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 こんにちは、ほっほです。

 皆さんは髪を切るときどうされていますか?

 美容室、理容室、セルフカット、友達に切ってもらうなどいろいろな方法があるかもしれません。ほとんどの場合、お金を払って髪の毛を切ってもらうのではないでしょうか?自分で切ったら失敗するのではないだろうかという不安が大きいためプロに切ってもらいます。それに、美容室に行けば、プロの美容師の人から客観的に似合う髪型のアドバイスをいただくこともできるし、髪の手入れの仕方など様々な有益な情報を得ることが出来るのだと思います。

 僕は最近は1000円カットで済ませることが多かったです。あまり髪型にこだわりがないためいつも同じ髪型に落ち着いてしまいます。そこで今まで何度も髪を切ってきてもらったので自分でも切れるのではないかと思いました。それに自分で切れるようになれば、年間で1万円ほどの節約にもなるためいいかなと思いました。そこで実際に自分で切ろうと試みてみました。今まで美容師さんに切ってきてもらい色々なアドバイスももらってきたので自立してみてもいいのかなと思い試してみました。

今回は実際に素人である僕が切った状況を解説し、その後に調べたこと、アドバイスをのせていきたいと思います。

 準備物
 ベーシック
 これは最も基本的なハサミです。基本的な長さに切るためのものです。
 セニング
 いわゆるスキバサミというものです。片方の刃が櫛のようになっていてベーシックとは違い不均等に髪の毛を切ることが出来ます。
 20×30cmの鏡

 ちなみに、ベーシックとセニングは百円ショップ(百円領事館)で購入しました。www



 方法と結果
 さきに結果を申し上げますと、鏡一枚で一人でするのは大変だったので、弟の手を借りて散髪しました。www
 
 僕はボリュームが多いので、量を減らしたいと思っていました。また、前髪が邪魔だったので眉毛の高さまで切りたいと思いました。
 そこで、まずはトップからベーシックを用いて少しずつ切りました。自分で切ってみてわかったのですが、慣れていないとハサミの位置を調節するのがとても難しいです。ハサミの刃がちゃんと髪の毛に当たるのにも一苦労しまして苦戦しました。泣 寮が多いトップから徐々にサイドの髪の毛を切っていきました。そしてその後は細かくセミングを使って髪の毛が不均等(パッツンにならないよう)に切りました。

 しかし、鏡一枚だけではバックが見えずらくて不安だったので弟を捕まえて切ってもらいました。その結果、全体的に量を減らすことに成功しました。

 アドバイス

 1.誰か協力者をつかまえる
 はじめの内は誰かに付き添ってもらいながら切るといいと思います。僕のようにバックが見えないととんでもない大失敗をしてしまうことがあるかもしれません。それか、バックも見えるように鏡を複数背中側に配置して前からも見えるようにすればいいと思います。
 そして何より、協力してくれる人がいると、客観的に悪い箇所を指摘してもらえるので修正しやすくなります。僕も弟に見てもらってからモミアゲを切りなおしました。そうすると、より満足いく髪型に仕上がるのではないかと思います。
 もちろん、切るコツをつかんでいけば一人でしていければいいと思う。

 2.頼る人がいなければ、二枚鏡
 バックを着るのが一番難しい。しかも、誤って自分の指を切ってしまう危険性もあります。そのため、誰も手伝ってくれる人がいない場合は2枚鏡を使うことをオススメします。実際に僕切手て思ったのが、慣れないうちはハサミの角度と髪が合わずに切った後にムラが出来てしまいます。なるべく、見て切るようにしないといけないので2枚鏡はおすすめです。

 3.大胆に切る!
 一度髪の毛を切ってしまったら元には戻らない。そのためどうしても慎重になってしまいます。僕もびくびくしながら切ってました。笑
 しかし、それではあまり切れていないことが多いので大胆に大きく切っていくことも必要だと思います。また、多少、ベーシックで切っていて失敗したとしても、スキバサミで修正することが可能なのでごまかすことも可能です。

 いかがでしたでしょうか?
 セルフカットのメリットははじめに述べたようにかなり多いです。もちろん、失敗した時のリスクも大きいので自己責任でしていきましょう。
 しかし、僕は今回自分で髪の毛を切ってみて、意外に美容室に行かなくてもできると思いました。慣れるまでにはもう少し経験が必要ですが、慣れてしまえばこっちのものです。

 お金を払って手間が省けるという良い側面もありますが、手間が省けることによって自分の創造性を発揮して楽しむ機会を逃すことにもつながります。何事にも長所短所がありますが、クリエイティブな喜びを得たければ、セルフカットはかなりおススメです。www

 ぼくも、これから留学してからもセルフカットを究めていきたいと思います。笑 セルフカットを通して友達も作れるかもしれないし頑張ります!笑


 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする