シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瞑想をしてみて感じたこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 こんにちは、ほっほです。

 先日は『ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス』を紹介しました。そこで少しですが、瞑想を生活の中に取り入れています。実際に瞑想をしたらどのようなことを感じるのか興味がわいたのでやってみました。一回の瞑想につき、数十秒~1分程度だけ瞑想をしてみました、「短っ!」と思った方もいらっしゃるでしょうが、少しやってみただけでもいろいろと感じたことがあったのでご紹介したいと思います。

 0.瞑想の方法
 楽な姿勢であぐらをかきます。そして、呼吸にのみ意識を集中します。その状態で1分間ほど瞑想します。瞑想中に聞こえる雑音や湧き上がってくる想いについては、ただ観察することに留めて、呼吸にのみ集中するようにします。
 

 1.何も考えないって難しい
 瞑想の時は現在に集中することを目的としています。そのため、何も考えないようにするのが大切です。僕もいざ目を閉じて何も考えないようにしてみると、考えが自ずと湧き上がってくるんです。ボーっとするのがこんなにも難しかったのかと思わされました。何もしなければいいのに何か考えてしまうんです。やめようと思った瞬間に湧き上がった考えに意識が向いてしまうのでボーっとできない。呼吸にのみ意識を傾けていき、少しずつ現在に集中できるようにしていきたいです。

 2.血の巡りを感じる
 今まで意識してなかったんですが、瞑想中は体の血の巡りを感じることが出来ました。僕ン場合、唇と頭の血管に血が流れる感覚を覚えました。今編んで意識していませんでしたが、感じる瞬間は呼吸をしていることと血の流れるタイミングが一致していていました。驚くことに、体の血の流れを感じることが快感でした。血の流れや呼吸といった、当たり前の生命活動に意識を向けることでリラックスしやすくなることを感じることが出来ました。ぜひお試しあれ!笑



 3.集中力上がった(気がする)
 呼吸にだけ意識を向けるように集中するため、瞑想を終えた後は頭の中がスッキリします。そのため、何か物事に取り組む時に雑念がわきにくくなり集中しやすくなった気がします。

 このように、たった1分間ほどでもやってみると感じる内容が多かったです。これを繰り返していくと、もっと長い時間集中することも可能になるのかなと思います。また、長い時間集中することで自分の中から様々な思いや思考を観察することもできるでしょう。そうすることで、自分の思考パターンや癖を分析することが出来、最終的には自分自身を知るきっかけになると思います。
 また、矢てみると意外と気持ちいいものであることが分かりました。はじめから、長時間することは難しいと思うので、できる範囲内で心地よく実践していきたいと思います。

 ノルウェー行っても実践したいですね。

 皆さんもめいそうしてみて感じたこと、よかったこと、逆に悪かったことなどもあったらぜひ教えてください。


 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする