シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AIの発達で働かなくていい世界になるかどうかか考えてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは、ほっほです。

 いつものようにYouTubeで動画を見ていたら、偶然にこの動画が目に入りました。クローズアップ現代の動画です。

 https://www.youtube.com/watch?v=dRl80i-gTNc

 この動画を見ていろいろ考えさせられました。この動画ではAIの発達により、働かなくていい世界が着たらどうなるのかということを議論しています。テクノロジーが発達することで、仕事が減っていくことが予想されています。その中で、社会の在り方や収入の在り方などについても議論されています。

 この動画を見て、僕は疑問に思いました。はたしてAIの発達で本当に働かなくていい世界になるのか?

 僕の答えは仕事はなくならないと考えます。その理由を考えてみました。



 1.資本主義経済が継続されるのならば、働く必要がある。
 今のように、紙幣や貨幣のようなお金を用いた経済が継続するのであれば、働く必要性が生じると考える。なぜならば、労働により収入を得るという根本が変わらなければ、たとえAIが多くの仕事を担うようになっても、人類は別の仕事を生み出していくと考えられます。例えば、開発したロボットの点検、ソフトウェアの作動確認などの仕事は現在よりも多くなるのではないかと思います。もちろん、この点検などの作業すらもAIが担うようになると、仕事が減ってしまうのかもしれません。しかし、資本主義を維持するために、あえてこのような仕事は人間に任されるのではないかと考えます。

 2.ベーシックインカム制度の出現
 AIの導入により、労働生産性は上がっていくので、その利益を人間に配分することが出来ると考えられる。現在のように雇用されることにより収入を手に入れるだけでなく、政府が働いているか否かに関わらず基本的な収入を国民に分配する可能性も考えられます。いわゆるベーシックインカム制度というものです。これにより、働く人もいれば、働かない人も出てくることが考えられます。それでも、労働生産性が今後維持することが出来るのならば、ベーシックインカム制度を導入するのもいいかもしれません。

 3.現在の資本主義経済が変わるならば、お金のために働くことはなくなる
 人類は400年の間資本主義経済を支持し、それに基づいた社会を形成しています。働くことで、収入を得て生きていくことが大半の人々に当てはまっているのではないかと思います。資本主義経済が変わるとなると、どうなるのでしょうか?人類は物々交換や自給自足の生活にシフトチェンジするのっではないかと考えます。そのことによって、「お金」に対する考え方が変わると考えられます。お金がなくても、価値がある物を交換することで物を手に入れることが出来るようになると思います。そのため、働くこととお金との関係がなくなるのではないかと考えられます。働くのはお金をかせぐためという主張がなくなります。

 
 4.資本主義経済が変わると、何のために働くのか
 お金の為に働かなくてもいいとなると、働くことの意義が変わると思います。
 まずは、資源を得るために働くという考えがあります。物々交換・自給自足の生活に共通するのは資源です。生きる上で食物、燃料などのエネルギー源は必ず必要になるのでこれらを得るために働くことになります。お金が無くなっても、このために働く人々は少なくないと思います。
 次に、他者のために働くという考えがありますこれは資源ンためというより精神的な利益の為に働くという考えです。他者に利益を与えることが精神的な喜びにもつながります。また、そのことによって他者の為に貢献したというやりがいを感じるようになります。この働き方では資源はあくまで生きるための手段であって目的にはなっていません。働くことで社会とのつながりを形成することに重きを置いています。
 どちらの考え方も「働く」ということの性質を述べたものです。どちらかの為に生きているという極端な考えではなく、この両方の性質と上手に付き合っているのが大半なのではないでしょうか?そのため、人間は社会とのつながりを持ち続けるために仕事はなくならないと考えます。

 5.余暇の使い方が見直される
 AIの導入により、働く量が少なくなり収入も得られるようになると、余暇がより多く発生すると考えられます。働くことばかりに心血を注ぎ趣味に時間を当てることが出来ない人は現在よりも少なくなるかもしれません。そこで、問題になるのが余暇の過ごし方です。何に喜びを求めるのか、何が楽しいのか等を見直すことが必要になると思います。その中には仕事に生きがい、喜びを求める人もいるので仕事はなくならないと考えられます。

 以上のようなことがAIの発達によっておこると考えられます。何やかんや、仕事はなくならないというのが僕の考えです。AIの発達によって、働くことがより創造的になり、しんどいことが軽減されていくことでしょう。そんな未来の為に、生きる意味や楽しいことを求め続ける必要があるのではないでしょうか?

 よろしければ、皆さんの意見を教えてください。

 ありがとうございました。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする