シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強力な助っ人たち!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 今日は強力な助っ人が現れました!

 ノルウェー語も筋トレも統計の試験勉強もしないといけない中で、誰かと協力したいと思っていた矢先に神がかりな出会いがありました。

 来週の統計学の試験のために学校の図書館で勉強していた時に、突然知らない黒人の男子学生が声をかけてきました。

 やたら体格もいいので最初は正直びっくりしましたが、数学について質問をしに来たとのことでした。彼のパソコン上には過去問が載せられていてその問題を解いて星と言うことでした。

 内容は高校数学だったのですが、5年間数学とあまりかかわりのない生活を過ごしてきたので、思い出すのに時間がかかりました。主に積分の内容が問われていました。

しかし、一度ググってみると、昔何度も練習したのが思い出されて、彼に何とか説明することが出来ました。

 実は彼は文系であまり数学を勉強してこなかったようです。また、大学生になる前は1年間ノルウェーの軍隊で軍人として勤務していたとのことです。しかも、軍の中でも上位の身体能力を持っていたらしく、何度も表彰されていたようです。

 どうりで体格がいいわけだと納得しました。笑

 彼の数学の試験は12月にあるのでまだ時間がたくさんあるので今後も教えてほしいと言われました。来週は僕も試験があるので厳しいけれども、それ以降は太政だということを伝えまいた。

 そして、僕は彼に今後ノルウェー語とウェイトトレーニングについて教えてほしいと言ったら、喜んで承諾してくれました。



 それにしても、彼は何で僕に数学を聞こうと思ったのだろうかと思います。僕なら見知らぬ学生に声はかけないので、その勇気に感心するばかりです。彼のように積極性を持って歩んでいきたいと思いました。

 そして、今日は初めてジムに行きました。実は図書館であった彼からは学校のジムはあまりよくないと聞いたため少し心配になっていました。

 しかし、ジムに実際行ってみると、初心者の僕には十分なくらい器具がそろっていました。ベンチ、ダンベル、背筋鍛えるあれ(笑)、足を鍛える器具、そして謎のスキー用筋トレマシーンがありました。もちろん負荷は自分で自由に組み立てることが出来ます。

 今回は独りでいったのと、服も持ってきていなかったので軽くダンベルだけを使って腕周りだけトレーニングしました。片手12.5㎏のダンベルでベンチプレスをしたのですが、これでも僕にとっては1セットで7,8回ほどしかできませんでした。

 これから少しずつ持ち上げることが出来るダンベルを増やしたいなと思いました。

 また、友達を一緒に来たときにはもっと負荷のあるダンベルに挑戦したいと思います。

 

 ジムで少し運動した後の帰り道、学科の友達に出会いました。プロテインを買った方がいいか聞いてみたら、彼はいらないと言いました。過剰なたんぱく質は尿を通して排出されるため、よほどハードなトレーニングをしない限り、普通お食事でも十分だ言われました。

 おかげで出費を抑えることが出来たので感謝でした。

 また、彼も試験後にジムを利用したいと言ってました。今後はお互いに享禄して筋トレしたいと思います。

 何かを望んでいたら、与えられることが多いなとつくづく感じます。すこしでも、僕も与える側に回れるようにガンバs利たいと思いました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする