シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早速最終テスト!!!ノルウェーの授業の様子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 はあ。。。

 ついにやってきましたよ、

 テストが。。。

 今週の金曜日なんですよね~。

 ブログ書かないで勉強せんかい!と言われそうですけど、出来るだけ続けたいと思います!

 と言うのも、ブログを書くのが日課のようになってきましたし、書くのがいい息抜きにもなっているんですよね。www

 毎日何かしらスケジュールを入れておくことで時間を大切に使おうという意識が働くので、あえてテスト期間であってもブログや筋トレは欠かさずにしていこうと思いますので、皆さん、安心してブログ見てくださいね。♪

 内容がちゃっちくなっていたら、

「テスト忙しいんやな」

 と憐れんでくだされば幸いです。

 さて今回はノルウェーのテストや授業の様子についてお話ししたいと思います。かれこれもう一カ月以上過ぎまして学校生活にもだいぶ慣れてきましたので、少しでもノルウェーの学校の様子をお伝えできればと思います。



 1.授業の取り方が違う

 日本と比べて授業の取り方がかなり変わっています。

 日本の大学ですと、一般的に平日中は0~4個授業があります。一週間の授業スケジュールが組まれたら学期末までは毎週同じスケジュールで進行していきます。

 しかし、僕の学科はかなり変わっていまして、4週間平日中は一つの科目を9時から16時までひたすら受け続けるというスタイルです!

 ちなみに僕は今統計学の授業だけを朝から晩までみっちり勉強しています。orz

 日本の授業スタイルですと、一日に違う科目を受けることが出来るので気分転換をすることが出来ますが、今の授業スタイルでは統計学のことしかしないのでつまずきだすとかなりしんどくなります。

 でも、こうやって短期集中で勉強するおかげで、学びが深まっているような感じはします。毎日予復習しないと理解できなくなるので、より授業を受ける姿勢が正された気がします。

 どんな授業にも長所短所があるな感じることが出来て面白いです。

 ただ、テスト範囲が膨大なのは本当にしんどいですけど。www

 2.授業がかなり自由

 授業中はパソコンを使うのも勝手、スマホいじるのも勝手、おしゃべりも勝手、早退も勝手、ご飯を食べるのも勝手です。

 サンドイッチやバナナ、オレンジなどをつまみながら授業を受けている人もいました。

 挙句の果てには、指導教員が自前のコーヒーセットを持ってきてお菓子を食べ、コーヒーを飲みながら授業を受けたことも何度かあります。笑

 嬉しかったですが、びっくりもしました。

 僕が大阪の大学にいた時は授業中にごはんを食べるなんて考えられなかったので、驚かざるを得なかったです。

 だからと言って、授業はかなり静かでみんな真剣に授業を受けているんですよね。何か質問したいことがあればすかさず質問している学生の姿を見ていると、皆しっかり自分を持っていて勉強しているんだなと感じます。

 休憩時間も指導教員のさじ加減で決まります。チャイムが存在しないので、各指導教員によって休憩時間が変わります。

 話が長くなると、一回の授業時間が一時間以上になったり、逆に早く終わることもあります。だいたい一時間で終わるのでちょうどいいですね。一回の休憩時間はだいたい15分です。

 日本ではほとんど一律90分間授業を受け続けないといけないですよね。今思うと、よく90分間もぶっとおして授業を受けていたなと思います。



 
 
 3.テストの形式がかなり違う
 
 なんと、テスト時間5時間!

 いかつくないですか?www

 まだ受けてないんですが、テスト時間を聞いて唖然としました。

 きっと、早退もありなんだと思いますが、怖いですね。

 また、テスト形式を学生に選ばせるというのもかなり変わっているなと思いました。

 今の授業では、講義だけでなく、統計ソフトの「R」を使った演習をしています。指導教員がテストは筆記か、「R」を使ったテストのどちらがいいかと尋ねてきました。

 授業中に多数決が取られて、筆記のテストになりました。指導教員がテスト形式を聞いてくるとは驚きでした。

 また、指導教員は試験監督になれないというのも驚きました。僕が通っていた大阪の大学では、指導教員がテスト監督も務めていたのでそれが当たり前だとばかり思っていました。

 国が違うと、やはりいろいろなものが変わりますね。

 時々戸惑い混乱することもありますが、日々違う物事を体験できるのは刺激が多くて楽しいです。

 少しでも、ノルウェーの学校の様子が伝わればいいなと思います。

 


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする