シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Telemarkに来たらLifjell登山オススメです!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 今朝5時に起床し、温かい着替えとサンドイッチとバナナをカバンの中に入れました。もちろん朝食もとり出発の準備をしました。

 なぜ早く起きたかと言いますと、早朝登山をしようと思ったからです!

 ここ最近はずっと晴れていて今日の天気予報も晴れだったので登山をしようと思い立ちました。

 今回の目的地はLifjellと言う場所です。

 僕の住んでいるBø近辺では一番高い場所で、大西洋まで見えてしまう場所と言うことです!おまけに豊かな自然に囲まれていていい場所だと多くの人たちから噂を聞いていたのでずっと行きたいなと思っていました。

 実はノルウェーに来た時に行く機会があったのですが、授業の都合でスケジュールを合わせることが出来ず、今日に至りました。

 車や自転車がないと行くのがかなり大変なので、先週自転車を手に入れることが出来たのでようやく行けるめどが立ちました。

 

 さて僕が出発した時間はまだ山の端がじんわりと明るくなってきている頃だったので、まだまだ暗かったです。

 しかも、山を自転車で登らないといけないのですが、街灯がない道路があってかなり不気味でした。というのも僕の住んでいる地域はかなり田舎なのでお日様が出ない限り誰も外に出たがりません。人気も全くないのでかなりビビりながら山道を自転車でこいでいきました。

 

 山道を自転車で走っているときの様子です。ようやく明るくなりだした頃です。さすがに山道7㎞を自転車で全部行こうとするのは無理がありました。急な坂は歩きながら亀のようにゆっくりと登山口を目指しました。

 

 登山口についたのは8時30分頃でした。途中道に迷ったのも考慮すると行きで2時間半くらいかかったと思います。山道かなりしんどかったので車があれば車で行くことを強くお勧めします。(もう自転車はいやだ。。。)

 登山口についたころには既に780m位登山したことになってました。orz

 登山口の近くにある地図と所々に施されている赤いマークを頼りに登山をしました。

 Lifjellはかなり範囲が広く見どころがたくさんあると思います。今回は午後に別のスケジュールがあるために近場のみを登山することにしました。ちなみに最高地点が1278mで、僕は今回1121mの場所を目指して登山しました。

 山の様子はこんな感じです。ゴツゴツとした大きな岩が託宣ありました。また、周辺には3,40cmほどの草木が生い茂っていました。登山道は岩や地面、小川がありまして、滑りやすい場所がところどころにあったので注意が必要でした。

 しかも、10月なので気温が氷点下に達していたため、地面や小川が凍っている場所もありました。11月以降はスノーブーツで行かないといけなさそうです。

 それでも傾斜は、登山口までのと比べれば緩やかで楽でした。かつ豊かな自然と絶景を楽しみながら登ることが出来るのであまり疲れることなくすいすい上ることが出来ました。

 1121m地点まで到達すると、東側の彼方に大西洋が輝いていました。また、僕が住んでいる町も一望出来てとてもよかったです。西側に目をやると、所々に湖がありました。そして向こう側には1278mの山が。。。

 最高地点まで登りたかったー!

 けど、それは次のお楽しみと言うことにしておきたいと思います。何せ少なくとも2年はいるので焦らなくてもいいでしょう!笑

 それにしても本当に自然が豊かで、かつ道端にごみが一つも落ちていなかったんです。ノルウェーの方々が自然を大切にしていることがよく分かりました。

 そして雄大な自然に囲まれていると、自分自身がどれほどちっぽけな存在なのかを感じさせられました。そして、後世に豊かな自然を引き継がせるためにも環境の勉強を一生懸命して行きたいと決意させられました。

 頂上にたどり着いたのは11時頃でしたので2時間もあれば近場の絶景の眺めれる場所に行くことができます。

 11時半には次のスケジュールの為に下山し始めました。

 下山したころに大勢の人たちが登山を開始していました。子どもからお年寄り、そして犬まで登山を楽しんでいました。早めに来て山頂で一番乗りでサインできてよかった。^^

 40分くらいで登山口につきました。そして、自転車で山道を下って行ったらふもとに40分でついてしまいました。早朝に登山したおかげで帰りの車線は車がほとんどなくほとんどブレーキをかけずにスイスイ下りることが出来ました。

 予想外に早く帰ることが出来たので、もう少し長く登山をしてもよかったなと思いました。

 ぜひ皆さんも僕の住んでいる地域にいらっしゃいましたらLifjellに行ってみてください!



 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする